物忘れが気になる時は病院の外来で医師の診察を受ける方法も

 

物忘れが気になる時は病院の外来で医師の診察を受ける方法も人間の脳の機能は加齢と共に衰えていくという事は良く知られている為、物忘れ自体も加齢が原因で起きていると思う人も少なくありません。
ただ、実際には高齢者だけでなくそれ以外の年齢の人でも発症してしまう事があります。
例えば人の名前を覚える事が出来ない、予定を思い出す事が出来ない、物を無くしやすい、話のつじつまが合わない等です。
これらは1回だけであれば問題は殆どありませんが、何度も繰り返すと日常生活はもとより、周辺の人、さらに自分の人間関係にも永享を及ぼしてしまう可能性があります。

 

現在ではインターネットが普及しており、物忘れが激しいかどうかの自己チェック模できるようになっています。
しかしあくまでもそれはその傾向があると言う事が明らかになるだけで、本当に物忘れなのか、それとも自覚症状が無いだけで他の脳の疾患があるのかは分かりません。
正しく理解して判断する為にも、まずは正しい検査を行う事になります。

 

現在、病院には物忘れ外来と言うのものが既に作られている所もあります。
そこで検査を受けると、加齢によるものなのか、それ友認知症なのかを判断してもらう事ができます。
またただ単に忘れっぽくなったというだけの場合、もし認知症だったとしても初期の場合が多く、投薬治療を行う事によって進行を緩やかにする事もできるようになっています。

 

基本的に病院の外来では、まずは医師による診察が行われます。
また検査としては血液検査やMRI、CT検査、さらにSPECTkensa , 神経心理学検査等が行われます。
これにより生活習慣病や甲状腺の病気の有無を調べたり、血管の状態、さらに知能機能や認知機能を知らべる事ができます。
検査の結果を総合的に判断し、その人の忘れっぽさは何が原因となっているかを明らかにします。

 

基本的には物忘れ自体は加齢だけでなく、様々な原因が関係している事も少なくありません。
中には自己判断をしてしまってそのまま放置してしまったり、放置してしまったがゆえに自分が忘れっぽくなっている事すら分からない状態に鳴ってしまう事もあります。
まずは病院の外来に訪れ、検査を受け、正しく判断してもらいます。
ただ地域によってはそれ専門の外来が無い場合も有る為、その場合は総合病院にある神経内科や脳外科等を受診して調べてもらいます。
総合病院であれば高度な検査機器があり、大きな検査や必要に応じて詳細な検査もできるようになっている事が多いからです。