若い人の物忘れの症状は若年性健忘症である。その対策とはどうしたらいいのか。

 

若い人の物忘れの症状は若年性健忘症である。その対策とはどうしたらいいのか。近年若い人の間で物忘れが増えています。今までは加齢によるものが一般的でしたが最近では、20代や30代といった若い世代にも増えています。ついうっかりといったものではなく、私生活に支障が出るようなものを若年性健忘症といいます。その症状は加齢によって起こるものとほとんど同じで、人の名前を忘れてしまったり、曜日感覚をなくしてしまったり、人の話の内容が理解できなかったり、仕事をしている人は仕事の内容まで忘れてしまうというものです。このような症状がなぜ若いうちから起こってしまうのかは、まだ解明されていません。若年性健忘症という言葉自体が最近になって使われ始めたものです。ではなぜこのような症状が起きてしまうのでしょうか。一つ目の原因としては、脳をあまり使わなくなったためではないかということです。現代ではパソコンや携帯電話などといった便利なツールが横行しています。なにかわからない言葉があれば考える前に指先一つで解決してしまいます。また昔とは違う生活習慣からでも可能性はあります。仕事量の増加によって過度なストレスを感じたり。それによって夜寝付くことが出来なくなったりといった、睡眠障害からくるものもあります。ただこの病気は他の脳障害と見分けがつかないところが難しいところです。どれだけ検査をしても脳にはなんの異常も見当たらないのです。加齢による健忘症や、事故などの外傷によっての健忘症ではMRIなどの検査で脳萎縮など何かしらの異常が見られます。しかし若年性の場合ではそれがありません。よって判断をすることさえ難しいのです。若年性健忘症の対策はあるのでしょうか。まだ解明もあまりされていない病気なので原因と疑われているものを取り除きましょう。まずは自分で考えることを習慣づけます。すぐにわからないことや、漢字などを機械で調べるのではなく、思い出すようにしてみましょう。次にストレスを少なくすること。仕事によるストレスはみなさん多少なりともあると思いますが、発散できる方法を各自で探して見ましょう。そして夜に眠ることができるようにお風呂に浸かったり、脳を休ませましょう。また、脳だけではなく適度な運動も大切です。今の時代はパソコンの前にいればほとんどの仕事は出来てしまいます。最後に人と会話をすることで、脳は刺激を受けて働きます。まずは短い時間からでもいいので話をしてください。このように動きながら脳を働かせるということが若年性健忘症を予防することになるのです。